スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
ライブでした
 
すっかり秋ですねー。日記をまったく更新しない間に季節が変わってしまいました。。。

今日は昼間は公園でバーベキュー、夜は夫のライブでした。バーベキューも音楽仲間が集まってだったのでずーっとホーダ・ヂ・ショーロをやってました。そんなわけで、1日中ショーロを聴いた日でした。夫は1日中演奏してて、さすがに疲れたと言ってた。
夜のライブは西荻のコッポ・ド・ヂアにて。すごく素敵な雰囲気のカフェで料理もおいしかったです。ただ、歩き出した息子さんのおかげでちっともゆっくりした気分を味わえなかった。。。座っていてもお皿をひっくりかえしたり、コップに手をつっこんだり、、、まったく目が離せません。でも、音楽に合わせてダンスしたり、演奏のあとに拍手してたのは可愛かったです。おりこうさんに座って聴けるようになるのはいつのことやら〜。

ついでに9月に行ったライブのことも書いておきます。

9月14日
エグベルト・ジスモンチのコンサートへ。
ブラジルの現代音楽の作曲家であり、偉大な演奏家でもあります。
去年のジスモンチのコンサートがNHKで放送されたのですが、それが本当にすばらしかったので、めずらしく楽しみにしていたコンサートでした。現代音楽というと奇怪で理解不能な音楽というイメージがあるかもしれませんが、ジスモンチの曲はとてもきれいな曲ばかりです。メロディーがすごくきれいなんです。クラシックよりも耳に聴きやすくて全然眠くならないので、クラシックはちょっと苦手という人にも楽しめるコンサートだったと思います。おもしろかったのはコンマスを葉加瀬太郎がやってたこと。頼み込んで参加したらしいです。それから、隣の隣の隣の席にキリンジ兄が座ってました!ミーハーかもしれないけど、キリンジ兄と同じコンサートに来てるなんて(しかも席も近くて!)キリンジのライブに行くよりも嬉しかった(笑)。

息子は初めて託児を利用しました。コンサート会場内に託児サービスが用意されていて、すごく便利でした。初めて離ればなれになるので、泣いたらどうしよーと心配していたのですが、なんのその、部屋に入った瞬間におもちゃに飛びついて、親のことなんて知らん顔。気づかないうちに出て行ったのですが、その後も泣くこともなく、一緒に預けられたお兄ちゃんの後を追って楽しく遊んでくれたとのことでした。こんなに平気なんだったらもっと託児サービスを利用してみようかなーと思いました。

9月17日
夫のライブでした。
この日はショーロ&ジャズというテーマで、ジャズっぽいショーロ(?)の曲などをやってました。いつものわかりやすいほんわかムードとは違って、少し聴きにくかったかな。息子は自分の席を離れ、一番前の真正面の椅子に座って一生懸命聴いてました。と、いうのは最初の2曲だけで、そのあとはうろちょろ動き回り、最後には機嫌も悪くなって、結局ファーストステージで退散。でも、その時点で21時過ぎてたので、まあ、眠いししょうがないよね。そんな夜遅くに連れ回す親の方に問題あり。か。
その後、数日間は眠りのペースがくずれたらしく、夜になかなか寝付いてくれなくて大変でした。今後は、夜のライブに連れて行くのも難しくなっていくのかなー。



でも、今夜のライブは最後までいられました。終わったのは22時くらいだったかな。でも、ライブ中に何度も機嫌が悪くなって大変だった〜。1日中連れ回されて、彼もそうとう疲れたんだろうなー。つき合ってくれてありがとうね。
音楽のこと comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://kinderszenen.jugem.jp/trackback/35
<< NEW | TOP | OLD>>