スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
アンチョビ

長崎ではイワシの子供のことを「エタリ」といって、いつも刺身で食べていました。1匹4〜5センチほどの本当に小さなイワシなのですが、身が引き締まっていてすっごく、すっっっっごく美味しいんです。おかげで私が一番好きな魚は「イワシ」なのですが。

が、こちらでは「エタリ」なんて売ってなくて、小さいイワシが売ってあっても「セグロイワシ」と表示してある。大きさも7〜10センチくらい。母に「セグロイワシっていうのしか売ってないの〜〜」と愚痴りながらも、お刺身で美味しく頂いていたのですが、
よく調べてみたら「エタリ」も「セグロイワシ」も同じものだということでした(!!)地方に寄って呼び名が違うだけなんだって。。ちなみに「カタクチイワシ」も同じもの。。。

と、イワシについて調べていたら、アンチョビが意外と簡単に作れることがわかったので作ってみました。
1ヶ月間塩漬けにしておいて、その後、塩を落としてオリーブオイルに漬ける。以上!
とっても簡単でした。

来年、また子イワシの季節が来たら、もっと大量に作るぞ!!
おいしいもの comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://kinderszenen.jugem.jp/trackback/24
<< NEW | TOP | OLD>>